議会報告 No.129   2015年7月1日

平成27年度 羽曳野市6月議会終わる

今年10月子ども医療費助成 通院も 小学校卒業まで延長に!

来年4月より 子ども医療費助成中学校卒業まで・妊婦検診助成11万6840円に拡充 市長が表明

(さらに…)

議会報告No.114   2014年10月5日

羽曳野市議会平成26年9月議会各常任委員会の報告

9月16日・18日 総務文教常任委員会

 委員会では、継続になっていた「小中学校へのエアコン設置を求める請願」と「学童保育の条例」や平成25年度の一般会計決算や財産区特別会計決算などを審議しました。  嶋田市議、ささい市議が委員として審議にあたりました。以下審議の概要を報告します。

(さらに…)

教育委員会と新婦人の会の方々が懇談   2014年7月2日

 6月26日(木)羽曳野市内で様々なサークル活動や平和や暮らしを守る活動されている新日本婦人の方々が、教育委員会と、子育てや教育問題について懇談がもたれました。日本共産党議員団から私も同席させてもらいました。 (さらに…)

保育園前で「子ども医療費助成小3までに!」に大きな反響!   2014年2月17日

 

 昨年12月議会で、子育て世代の念願でもあった「子ども医療費助成年齢」が通院も、就学前から小学校3年生まで引きあがりました。今日は署名をしてくれたお母さんやお父さんにお知らせしました。 (さらに…)

議会報告No.93   2013年11月21日

市政報告 No85   2013年4月20日

はびきの民報1982 3月議会 最終議会で生活応援に奮闘   2013年4月4日

党議員団が国保予算に修正案提出
   — 保険料値下げ否決 — 

 国民健康保険料が高く、値下げして生活を応援してほしいというのは市民の願いです。
 国保会計は、平成23年度決算で、7億円の基金と12億5千万円の黒字があります。

(さらに…)

はびきの民報1981 3月議会常任委員会報告   2013年3月22日

くらし・福祉・教育を最優先に!

総務文教常任委員会
 3月8日(金)と11日(月)に、総務文教常任委員会が開かれ、日本共産党からは、嶋田市議とひろせ市議が出席しました。
(さらに…)

はびきの民報1979 3月議会 くらし・福祉・教育を最優先に   2013年3月17日

若林信一 市議

日本共産党羽曳野市会議員 若林信一高齢者の社会的孤立と市の対応

老老介護で社会的孤立が問題となり、孤立を防ぐための市の施策を質問。 市は「社会福祉協議会のあんしんシステムや民生委員による見守り、会食会などや、地域包括支援センターなどのネットワークづくりを進めている。」と回答。社会的孤立の防止は、市が中心となり行うことを要望しました。

(さらに…)

元気に「幼稚園まつり」   2012年11月8日

毎年恒例の「幼稚園まつり」。応援のお母さんたちも、手に手にポンポンを持って、ウエーブで大ハッスルです!

(さらに…)