議会報告No.263   2022年12月4日

2022年12月議会  いのち・暮らしを守り、身近な要望実現に頑張る!

 

==日本共産党市会議員団の一般質問==

 

南れい 市議 12/8(木)1番
 

  1. 気候変動への対策について
    1. 地球温暖化対策実行計画について
    2. 自治体としての取り組みについて
  2. 生理の貧困について
    1. 学校の生理用品の設置について
    2. 公共施設の生理用品について
    3. 生理用品の負担軽減について

(さらに…)

議会報告No.262   2022年11月20日

消防・環境事業組合臨時議会

安全・健康・くらしを支援するまちへ

 

 11月1日の柏羽藤消防組合議会が行われ、令和3年度決算認定など、11月4日の羽曳野市臨時議会では、コロナ対策事業について、さらに、11月11日の柏羽藤環境事業組合議会では、令和3年度決算認定やクリーンピア21の存続を求める請願などが審議されました。以下、その主な内容をお知らせします。

 

救急搬送困難事例数1.7倍に増加! 命を守れる医療連携体制を求める。

 
★ 救急困難事例数は1.7倍に増加
 救急搬送の困難事例とは「受け入れ可能な医療機関に4回以上照会があった、または 、滞在時間が30分以上になる場合です。令和2年度は、救急搬送数は、11,838人中270件が困難事例、令和3年度は、12,067人中447件が困難事例で、この1年で1.7倍も増えています。
★ 入院患者待機ステーションの滞在は16時間を超える
 大阪府は、入院ができない場合の待機ステーションを設置する事業を行っていますが、費用を持つだけで、設置責任は消防です。この地域では、2つのベットを確保していますが、第6波の時には、最長16時間を超える滞在時間となった事例もあります。入院が必要なのにできないという事例があるということです。
 そもそも、救急搬送の困難事例が頻発していることや、入院待機ステーションで対応しなくてはならないということは、医療機関の受け入れができないということです。現場から大阪府へ救急患者を受け入れることができるベット数を確保する医療連携体制づくりを要望するよう求めました。
(さらに…)

議会報告No.261   2022年10月20日

議会報告No.260   2022年10月2日

2022年9月市議会

 

市民の命とくらしを第1に! 総務文教常任委員会

 9月14日総務文教常任委員会が行われ、日本共産党は、議案1件に賛成し「財産区」「土地取得」の特別会計決算は認定としました。「一般会計決算」は以下の理由で不認定とし、議案1件(補正予算)も反対しました。

 

市会議員 ささい喜世子  

◆職員の定年年齢の引き上げ(65歳)に伴う条例制定は賛成
定年延長後も多様な任用形態が生じ、定年後にも給与格差がある中で、これまで培った能力や知識が生かせるような人事政策をつくることや、仕事内容が同じであれば賃金も同じになるよう、労使合意をしながら、安心して働き続けられる制度改善を要望しました。

 
◆「令和3年度一般会計決算」は不認定
不認定理由の1点目は、コロナ対策では子育て支援や事業者支援は講じられましたが、他市で行われている独自のPCR検査は取り組まず、感染防止策が不十分であった事。2点目に長寿を祝う敬老祝い金などを削ろうとする一方、十分な必要性も議論されず、人ありきで給与の高い特定任期付き職員を2人雇用するなど、行財政改革の視点が市民の立場に立っていないこと。3点目は、幼稚園児の減少を口実に、幼稚園を次々と閉園し、保護者のニーズにも応えず、園児確保の施策も示していないこと。4点目には、法が失効し同和事業が終結しているにもかかわらず、人権の名のもとに、同和事業を続けられている決算であること。以上4点を主な理由として不認定としました。
 
◆令和4年度 一般会計補正予算補正予算(8号)は反対
補正(8号)は、小中学校のプール改修費用など早急に事業をすすめるために組まれた補正予算であることは理解しますが、現在も同和事業の拠点となっている「人権文化センター」を建て替える計画委託料については容認できないことが反対の理由です。法が失効したことを受け、羽曳野市でも同和事業を終結し、真の差別解消に踏み出すべきです。

(さらに…)

議会報告No.258   2022年9月18日

2022年9月議会一般質問
皆さんの切実な声実現へ

 

わたなべ 真千 市議

 
◆旧統一協会との関係を断ち調査を!
 
 羽曳野市でも市長が旧統一教会の関連団体のイベントに祝電を出したことが報道されました。市に旧統一教会という団体についての認識とこれまでのかかわりを質問。「社会的に問題がある団体であることは認識している。」「祝電については、NGOの団体であることは確認したが旧統一教会の団体であることは知らなかった」と答弁。日本共産党は、今後一切関係を持たないこと、また、過去のかかわりを調査し明確にすること、被害相談窓口の設置を求めました。
 
◆加齢性難聴者への支援で認知症予防を
 
 認知症予防には難聴への早期の対応が大変重要であることから、補聴器の購入補助制度が全国の各市町村で進んでいます。当市では、加齢性難聴の実態を把握していないことから、次期の計画策定時のニーズ調査で「聞こえ」の項目を追加して実態を把握し、軽度の難聴者にこそ早期に正しく補聴器を使えるようパンフレットを作成して啓発をするよう要望しました。補聴器が必要な方への購入補助制度の創設の検討と実施、さらに、公共施設更新に「磁気ループ補聴システム」や「聞こえのサポートシステム」を導入して高齢者、障害者の社会参加を応援することを要望しました。
 
◆不登校児童・生徒への支援の充実を
 
 不登校児童・生徒数はこの5年間で、コロナ禍で学校生活に制限がある中で小学校は約4.9倍、中学校は約3.2倍に増えていることが分かりました。ひまわり教室が市としての主な居場所となっていますが、この間、フリースクールに通う子どもたちも増えていることからフリースクール連絡会を開催し、児童生徒や家族の支援にあたっているということです。日本共産党はフリースクールへの公的補助や職員の支援体制の強化を要望しました。その他、学校給食の安全と農業振興を質問。

(さらに…)

議会報告No.256   2022年9月4日

市民の命と暮らしを守るため緊急なコロナ対策を!

 

新型コロナ第7波から命を守る「緊急申し入れ」を日本共産党市議団が市に提出

コロナ7波緊急対策申し入れ

 

 8月4日(木)日本共産党議員団は市長宛に、新型コロナ第7波から市民の命を守る「緊急要望書」を提出しました。新型コロナウイルス感染は変異株「オミクロンBA.5」への置き換わりの影響などから爆発的な感染が起こっています。
 これまで「第1波」の感染から「第6波」の感染拡大時に、「緊急申し入れ」を提出し、市民の健康と暮らしを守るために、市独自に必要な補正予算を組み、緊急対策を講じるように求めてきました。 この間、要望した市独自施策も実現しています。
(さらに…)

議会報告No.255   2022年7月10日

議会報告No.254   2022年6月26日

2022年6月議会一般質問
皆さんの切実な声実現へ

 

わたなべ 真千 市議

 
♦35人学級の拡充を
 
 「全国の公立学校1897校で、2558人もの教員が不足している」という結果が文部科学省から公表されました。当市は、令和4年5月1日時点での教職員の配置は欠員がないということですが、全国的には教職員を目指す人が減少傾向にあるということが分かりました。教職員の働き方については、行事などが縮小されたことで減少傾向にありますが、タブレットを使った新しい教育などの導入などで精神的に疲弊した状態が危惧されます。教職員が余裕ともって子どもたちと接することができよう、国の35人学級の制度の対象とならない今の4年生以上の学年についても35人学級を実現するよう要望。また、コロナ禍で欠席を余儀なくされた子どもたちへの学習保障と、競争教育を煽ることにつながる「全国学力テスト」や「チャレンジテスト」をやめるよう要望しました。
 
♦豊かで安全な給食と全ての子どもたち対象に給食費の助成を
 
 学校給食センターの調理委託は、問題なく引き継がれ、提供された給食も以前と遜色ないということです。また、約5000食の学校給食センターが青少年児童センターとの複合施設として新設されることが分かりました。中学校給食は、基礎調査を受けて、今後の方針を示していくということですが、よりよい給食の方式を検討するために「あり方検討会」を設け、その論議の過程を公開していくことを要望。学校給食費については、追加される「物価高騰に対応するための臨時交付金」をあてて、すべての子ども達を対象にした学校給食費の助成を要望しました。
 
♦おむつの補助対象の拡充を
 
 財政的な担保を国や府に要望しつつ、羽曳野市としても独自に他の自治体が実施している事例も検討し、排尿・排便のコントロールが難しい療育手帳をもっている3歳以上18歳未満の子どもたちに対しても日常生活用具の給付対象とするおむつの補助を実施するよう要望しました。

(さらに…)

議会報告No.253   2022年6月12日

2022年6月議会

いのち暮らしを守り、身近な要望実現に頑張る!日本共産党

 

日本共産党市会議員団の一般質問

 

わたなべ 真千 市議 6/13日(月)2番目

 

  1. 教育の充実について
    1. 教職員の配置と働き方について
    2. コロナ感染症の影響と学びの保障について
    3. 子どもの権利条約と教育について
  2. 学校・園の給食について
    1. 学校給食センターについて
    2. 中学校給食について
    3. 学校給食費について
    4. 就学前教育保育施設での給食について
  3. 障害を持つ子どもたちへのおむつ補助について
    1. 障害を持つ子どもたちへの日常生活用具について
    2. 障害を持つ子どもたちへのおむつ補助について

 

南 れい 市議 6/13日(月)4番目
 

  1. お出かけ支援について
    1. 循環バスについて
    2. 高齢に伴う新たな交通システムについて
  2. 妊産婦へのタクシー利用助成について
    1. 他市での取組について
    2. 市での取組について
  3. 視覚障害者への安全対策について
    1. 踏切の安全対策について
    2. エスコートゾーンの設置について

 

ささい 喜世子 市議 6/14日(月)2番目
 

  1. 学校プールについて
    1. 学校のプールの現状について
    2. 学校のプール授業について
    3. 今後の取り組みについて
  2. 就学前教育・保育のあり方の基本方針の改訂について
    1. 幼稚園・保育園・認定こども園の現状について
    2. 基本方針の改訂の視点について
    3. 今後の具体的な取り組みについて
  3. 羽曳野市公共施設等総合管理計画アクションプランについて
    1. 第1期アクションプラン見直しについて
    2. アクションプランの取り組み内容について
    3. アクションプランの推進体制について

 

<日本共産党市会議員団が提出した意見書(案)

 

  • 「IR(カジノを中核とする統合型リゾート)誘致計画」を認可しないよう求める意見書(案)
  • 再エネ電力の出力制御をやめ、優先利用原則の確立を求める意見書(案)
  • 所有者不明土地を有効な地域活性策に利用ができるよう財政支援の拡充を求める意見書(案)
  • 消費税インボイス制度導入の中止を求める意見書(案)
  • 保育所の最低基準と、保育士の処遇の抜本的な改善を求める意見書(案)

議会報告No.252   2022年4月9日

議会報告No.252

上の画像をクリックしてpdfファイルで詳細をご覧下さい。