議会報告No.189   2019年2月24日

みなさんとご一緒に
安心して住み続けられる街に!

 

党議員団が提出した意見書(案)

◇ チャレンジテストの中止を求める意見書(案)

◇ 加齢性難聴者の補聴器購入に対する公的補助制度の創設を求める意見書(案)

◇ 戦後処理見直しと道理ある外交で日露領土問題の解決を求める意見書(案)

◇ 統計不正の徹底究明を求める意見書(案)

◇ 「大軍拡計画」の中止を求める意見書(案)

 

沿線住民の声を生かし、安全で便利な対策を求めて懇談

 

日本共産党市会議員団は、2月14日10時から近畿日本鉄道株式会社と懇談し、安全で便利な対策を求めて申し入れを行いました。
地域の皆さんに協力頂いた「全駅に駅係員の終日配置と安全対策を求める要望署名」711筆を提出しました。

(さらに…)

議会報告No.187   2018年12月16日

市政を正し、願い実現に全力! 2018年12月羽曳野市議会一般質問

 

市会議員 わたなべ真千

■地産地消のエネルギー施策について
 現在、羽曳野市では、太陽光パネルが設置されてい る公共施設は6施設でそのうち、3施設しか蓄電池が 設置されず、地産地消のエネルギー導入が進んでいま せん。災害による大規模停電や地球温暖化に対応する ためにも、公共施設への地産地消のエネルギー導入を 市として前に進めるように要望しました。

■公共施設の役割とまちづくりについて
 公共施設は、集会の自由や表現の自由など基本的人権を守る重要な施設であり、地域コミュニティーの拠点です。今後、公共施設等総合管理計画で統合・複合化・廃止等を検討するときには、「住民との共同」が進んでいる先進例を参考に、「住民自治の力」を引き出すためのルールや仕組みづくりを求めました。 (さらに…)

羽曳野民報No.2141   2018年10月18日

近鉄本社と懇談 日本共産党

終日、駅係員の配置を!

 

無人化は人の命軽視につながる

 10月5日に日本共産党羽曳野市会議員団は「無人化に対して、駅係員の配置を求める申し入れ」を近鉄電車に行い、10月16日(火)に本社にて懇談を行いました。

 今回の懇談の内容は、市民がよく利用する「高鷲駅」「恵我ノ荘駅」に貼りだされた「ご案内」についてのものです。その内容は、「10月8日(月)から一定の時間係員が不在となります。」というものでした。いわゆる「駅の一部無人化」がされるということです。 (さらに…)

議会報告No.176   2018年3月25日

3月議会 一般質問 安心して住める羽曳野市に!

 

若林信一市議

 

生活保護制度と対応

政府の生活保護基準の引き下げが他の施策に影響することはないのかを質問。市は「生活扶助費は今年10月から3年かけて最大5%の値下げとなる。他の施策に影響が及ばないよう対応し、就学援助は平成24年12月末日の基準額を適用し、個人住民税の非課税限度額は平成30年度は影響がない。」と答弁。低所得者への支援強化を要望しました。

(さらに…)

議会報告No.172   2018年1月5日

新年を迎え 決意をあらたに!
あなたと市政をつなぐ日本共産党市会議員団

2018年、新しい年
日本共産党市会議員団は、市民の皆さんの切実な願いを届けるため今年も全力で頑張る決意です。

 

(さらに…)

議会報告No.171   2017年12月24日

2017年12月議会 各常任委員会 請願採択に全力

(さらに…)

羽曳野民報No.2135   2017年11月15日

廃園ありきの認定こども園計画?
高鷲北幼稚園・島泉保育園廃園に
突然の廃園計画に驚きと怒り

(さらに…)

議会報告No.152   2016年12月18日

みなさんの声を届け実現へ

日本共産党議員団一般質問

  (さらに…)

早朝駅宣伝で嬉しかったこと   2016年3月5日

 3月4日(金)定例の7時から8時の高鷲駅宣伝に出かけました。 (さらに…)

寒さも吹き飛ぶ「芋煮会」に参加   2016年2月21日

 たいへん好天に恵まれ、暖かい日の2月21日(日)午前11時から、地域の高生クラブ主催の「芋煮会」に参加しました。 (さらに…)