議会報告No.277   2023年10月12日

2023年9月 羽曳野市議会
新たな議会の      新体制が決定!

 

議長に 樽井佳代子氏   副議長に わたなべ真千氏が選出される

 

 10月2日から4日の3日間で役員選出がおこなわれました。 議長選挙がおこなわれ樽井佳代子議員(市民クラブ)が選出されました。副議長の選出では、わたなべ議員と百谷議員が立候補し投票数が8対8の同数となったため、公職選挙法に基づくくじ引きの結果、わたなべ真千議員(日本共産党)が選出されました。 監査委員は竹本真琴議員 (大阪維新の会) が選任されました。10月4日にはすべての体制が以下のとおり決まりました。

 
(さらに…)

議会報告No.276   2023年10月1日

2023年9月 羽曳野市議会
委員会報告

市民の声を生かした施策づくりを! 総務文教常任委員会  ささい喜世子 市会議員

 

 9月14日、総務文教常任委員会が行われ、日本共産党も賛成し、議案2件は全会一致で可決され、「財産区」と「土地取得」の特別会計決算は全会一致で認定されました。しかし「一般会計決算」は以下の理由で不認定としましたが、認定多数で認定となりました。

 
◆本庁舎建て替え整備の設計等委託業務樹業者選定委員会の設置の条例制定は賛成 
 この委員会は業務受注者を公募型プロポーザル方式で選定するにあたり、学識経験者による専門的で高度な技術力や企画力を適切に評価し、受注者選定に反映させるものであることから賛成しました。
 
◆令和4年度一般会計補正予算補正予算(6号)は賛成
 今補正の主な内容は、新型コロナウイルス感染症対策や電気料金価格高騰に伴う補填や補償費、またパスポートに必要な印紙代、消防の広域化のための被服費代、と畜場の備品や緊急工事費などであることから賛成としました。
  
◆「令和4年度一般会計決算」は不認定
 不認定理由の1点目は、物価高騰で市民生活が厳しくなっている中、小学校給食費は実質1食40円の値上げされ、国民健康保険料も大幅な値上げとなり、さらなる市民負担を押しつけていること。2点目にデジタル化やITC教育はすすめられていますが、敬老祝い金が全廃され、「クリーピア21」が閉館され、地域の子育て拠点である白鳥幼稚園、島泉保育園が閉園とする、福祉や教育に冷たい決算であること。3点目は、行政改革の名のもと、こども園全員給食実施は民間委託に決め、幼稚園の入園児が少ないことを理由に一方的に閉園しようとするなど、コストや効率化のみを重視し、市民の声を聞かず議論する場も持たず施策や事業がすすめられていることです。以上3点を主な理由として不認定としました。
 
(さらに…)

議会報告No.275   2023年9月17日

2023年9月羽曳野市議会
皆さんの切実な声実現へ!

 

— 9月議会一般質問 —

 

 
ささい 喜世子 市議
 
◆国民健康保険の来年度からの府内統一化は中止を
 国保が来年4月から 「府内完全統一化」 になれば、大幅な保険料値上げと市独自の減免制度もなくなることから、党議員団は一貫して反対してきました。 上がりすぎる保険料を下げるため、府と市は国保基金を取り崩すなどをしてきましたが、 この6年間で1人当たり3万円もの値上げです。 来年度からは現在11億6800万円ある市の国保基金も保険料の引き下げには使えません。 羽曳野市は大阪府に対し、物価高騰で苦しむ市民に追い打ちをかける強引な「統一化」は中止し、 市町村の自主性を尊重するよう求めあることを強く要望しました。
 
◆子どもの命を守る暑さ対策の取組を早急に
 羽曳野市の学校でも暑さ対策としてエアコン設置が全普通教室や全体育館で進められる中、 暑さ指数を基準とする対策や体制を事前に整える事を基本とした市独自の熱中症ガイドラインを作成すること、 まだエアコン未設置の特別教室に早急にエアコン設置することを強く要望しました。
 
◆今年のプール授業を検証し、来年度授業はさらに充実を
 今年度、プールが改修されない小学校5校は他校で授業を受けることになり、児童にも教職員にも大きな負担となりました。 また授業回数は10回から上限5回、さらに3回と大きく減っています。プール授業の目的である「水の事故から命を守ること」が果たされるよう、今年の取り組みをしっかり検証し、来年度は授業数を確保できる取り組みを強く要望。また現在、他市と同様の水準で授業が行われるよう、改修計画の再考を要望しました。
 
◆市民の声を生かした政策づくりを
 施策実行を急ぐあまり、市民や関係者の意見が議論され反映させる審議会などを軽んじることのない仕組み作りを要望しました。
また市庁舎整備の意見聴取会メンバーの増員を要望しました。
 

(さらに…)

議会報告No.274   2023年9月1日

2023年9月 羽曳野市議会
いのち・暮らしを守り 身近な要望実現に頑張る!

 

日本共産党議員団の一般質問(予定)

 

ささい 喜世子 市議
 9月7日(木)2番目

 

  1. 国民健康保険の府内統一化について
    1. 統一化に向けて取組と市民への影響について
    2. 財政調整基金について
    3. 統一化への市の考えについて
  2. 学校現場での暑さ対策について
    1. 教育現場での暑さ対策の現状と取り組みについて
    2. 今後の暑さ対策への取組について
  3. 今年度のプール授業について
    1. プール授業の実施状況について
    2. 今年度の問題点や課題について

  4.  
     
     

  5. 市の政策形成の過程について
    1. 市の考え方について
    2. 今後の取り組みについて

 

 

南 れい 市議
  9月8日(金)5番目

 

  1. 性の多様性と自治体の取り組みについて
    1. パートナーシップ制度について
    2. 交流の場について
    3. 学校での取り組みについて
  2. 就学前教育保育施設について
    1. 登園システムについて
    2. 登園受け入れについて
    3. 異年齢児の交流について
    4. プール遊びの状況について


 
 
 
 

(さらに…)

議会報告No.273-2   2023年8月7日

下記画像のクリックでpdfファイルでご覧頂けます。

 

議会報告No.273-2

議会報告No.273   2023年6月25日

2023年6月羽曳野市議会
皆さんの切実な声実現へ!


 
 
 
 

南 れい 市議
 
◆災害に強い地域づくりを
 
大規模な災害が発生した際、被害を最小限に止めるためには地域ごとの防災力を高めることが重要です。今年度から町会や自治会などを対象にした「自主防災組織活動補助金制度」が創設されました。この制度を活用し、市が責任を持って地域の防災活動への支援などに取り組むよう求めました。
東除川については、6月2日の大雨で観音橋の下の護岸に亀裂が入り、現在、橋と周辺道路が通行止めとなっており、応急処置がされていますが、本復旧は渇水期である今年の11月から着手する予定です。安全を第一に住民の要望も聞き、工事を行うよう強く要望しました。
 
投票率の向上への取り組みを
 
4月に行われた大阪府知事選挙の当市での投票率は約43%で、30代までの若年層は各年代において3割を切っています。市は若年層の投票率の向上は重要な課題であるとし、投票率向上への取り組みを研究していくとのことでした。政治への関心が若年層の投票率につながることから、現在、主権者教育などに取り組んでいますが、他の自治体の取組みなども参考にして、学校や教育委員会と連携し、投票率向上に向けて取り組むよう要望しました。
 
憩いの場となる公園整備を
 
   しなづせせらぎの道は長年親しまれてきた水場のある貴重な公園ですが、平成30年に流水施設の破損を理由に放置したままになっています。羽曳が丘にも同じような流水施設があります。
 住民の声もしっかりと聞きながら「しなづせせらぎの道」の名にふさわしい、市民の憩いの場となるような公園整備をするよう要望しました。

(さらに…)

議会報告No.272   2023年6月18日

2023年6月羽曳野市議会
 物価高騰対策で  市民の生活支援を!


 
 
 
 

 6月2日(金)開かれた本会議では、13の報告案件と11件の議案、農業委員の任命と羽曳野市名誉市民の推挙の案件が審議されました。日本共産党議員団は、質問で案件や議案の中身を明らかにしながら、慎重に審議し、報告案件は承認し、議案は意見をつけて賛成しました。また農業委員の任命と名誉市民の推挙については同意しました。以下、その主な審議内容をお知らせします。

 
●低所得子育て世帯生活支援特別給付金事業
住民税非課税世帯支援事業について

★物価高騰の影響を受ける低所得の子育て世帯や住民税非課税世帯に対する全額国庫負担の特別給付金です。低所得子育て世帯の児童一人5万円の給付、住民税非課税世帯には1世帯3万円が給付されます。対象者全員にもれなく給付が行われることを求めると共に、こうした支援は家計の助けにはなりますが一時的なものであり、賃金の引き上げや消費税5%の減税で、抜本的対策するよう国に求めるよう市に要望しました。
 
(さらに…)

議会報告No.271   2023年6月11日

2023年6月市議会 いのち・暮らしを守り
              身近な要望実現に頑張る!

 

日本共産党議員団の一般質問(予定)

 

南 れい 市議
  6月12日(月)2番目

 

  1. 災害対策について
    1. 自主防災組織について
    2. 避難所について
    3. 東除川の整備について
  2. 投票率向上について

    1. 期日前投票について
    2. 若年層の投票率について
  3. しなづせせらぎの道について

    1. 流水施設について


 
 
 
 

(さらに…)

議会報告No.270   2023年4月28日

議会報告No.269   2023年4月9日

羽曳野市議会
民青産業常任委員会

建設企業常任委員会 安全・健康・くらしを支援するまちへ
 

 23日の民生産業常任委員会では、日本共産党は令和5年度の国民健康保険、介護保険、と畜場、後期高齢医療保険の特別会計予算案が審議され、党議員団は問題を指摘して反対しましたが、賛成多数で全て可決となりました。27日の建設常任委員会では、党議員団は、令和5年度下水道会計には反対、下水道使用料値上げ中止の請願は採択、下水道値上げの議案を廃止する議案は賛成しました。以下、その主な内容をお知らせします。

 
国民健康保険料一人当たり
この6年間で約3万円も値上がり
 令和5年度の介護保険予算は、第8期いきいき計画の最終年度の計画値に沿って予算がたてられています。そもそも第8期の保険料を決める時には約10億円の基金の内、半分の5億円しか保険料を下げるために使わなかったため、保険料が大変高くなっています。一方、この第8期計画の3年間では、さらに、基金が5億円新たに積み上げられる予定であることがわかりました。とりすぎて基金に積み上げられた額は、還元して保険料を下げるべきであると指摘し、予算案には反対しました。
 
(さらに…)