議会報告No.173   2018年2月18日

基金を取り崩して引き下げを! ー介護保険推進協議会ー

 

 羽曳野市では第7期高年いきいき計画の策定のため、介護保険推進協議会で議論がされてきました。また市民からのパブリックコメントも14件寄せられ、その中でも「保険料や利用料の引き下げ」が最も多く寄せられています。今回は3年に一度の計画の見直しで、保険料がどうなるのかが大変心配されていましたが、示された保険料は、第7期保険料は月額6,158円となり、6期基準額の月額6,160円よりも2円低くなりました。これは介護給付費準備基金が約4億7千万円を全額取り崩し、それを保険料引き下げに充てた結果です。 (さらに…)

議会報告No.172   2018年1月5日

新年を迎え 決意をあらたに!
あなたと市政をつなぐ日本共産党市会議員団

2018年、新しい年
日本共産党市会議員団は、市民の皆さんの切実な願いを届けるため今年も全力で頑張る決意です。

 

(さらに…)

議会報告No.171   2017年12月24日

2017年12月議会 各常任委員会 請願採択に全力

(さらに…)

議会報告No.170   2017年12月17日

百谷孝浩議員に対する辞職勧告決議(案)
全員一致で可決 羽曳野市議会本会議

 

 この間、9月の市会議員選挙の最中から現在に至るまで、市民から「百谷氏が羽曳野市に居住実態がなく、議員になる資格がないのではないのか」との訴えがあり、議会として、その訴えの真相を究明し説明責任を果たすため、慎重に調査がすすめられてきました。
 その結果、12月12日(火)の本会議で、百谷孝浩議員への辞職勧告決議(案)が全会一致で可決されました。

(さらに…)

議会報告No.169   2017年12月10日

羽曳野12月市議会 みなさんと願い実現に全力!

 

日本共産党議員団の一般質問

 

羽曳野市12月議会が、12月1日から22日まで22日間の予定で始まりました。

党議員団が提出した意見書(案)

・消費税10%への増税を中止し社会保障の充実を求める意見書

・憲法9条の改憲を行わないことを求める意見書

・原発再稼働の中止及び停止を求める意見書

・待機児童問題の解決についての意見書

・少人数学級の推進を求める意見書

請願の採択にがんばります

 

(さらに…)

議会報告No.168   2017年12月2日

日本共産党市会議員団

島泉保育園・高鷲北幼稚園廃園計画 その受け皿となる3つの施設を視察

 日本共産党市会議員団は、11月24日(金)にベビーハウス社協と向野保育園、高鷲幼稚園(こども未来館たかわし)の施設を視察しました。今回の視察は、市が10月の議会で出した「島泉保育園と高鷲北幼稚園の廃園によってその受け皿とする」という3つの施設の状況を把握するのが目的です。

(さらに…)

議会報告No.167   2017年11月28日

2017年10月市議会 市民のくらし応援 願い実現の市政を


2016年度 一般会計決算 約5億4600万円の黒字

2016年度一般会計決算は、黒字を計上しました。羽曳野市は「財政は厳しい」と言いますが、基金(貯金)は約49億円あります。日本共産党議員団は、財源はあるのに、くらし応援のための決算になっていないと反対しました。

(さらに…)

議会報告No.166   2017年11月12日

2017年10月議会 

 

総務文教常任委員会
市は、くらし・福祉・教育の充実すべき

市会議員 若林 信一

 

10月23日総務文教常任委員会が行われ、請願1件、議案3件、平成28年度の会計決算3件の計7件を審議、日本共産党は請願と議案2件に賛成、「財産区財産」と「土地取得」の会計決算は認定とし、「羽曳野市立教育・保育施設設置条例」に反対「一般会計決算」は不認定としました。以下、主な内容です。
(さらに…)

議会報告No.165   2017年11月8日

高鷲北幼稚園・島泉保育園がなくなる?
申し込み日直前に突然の新規募集停止!

(さらに…)

議会報告No.164   2017年10月21日

公約実現へ! くらし・福祉充実に全力
2017年10月羽曳野市議会 一般質問

 

市会議員 ひろせ公代

 

  • 国民健康保険について
    来年4月からの国民健康保険の都道府県化に向け、全国47都道府県の内、43が地域の実情に合わせた保険料にする中、大阪府は統一保険料にし、減免制度や保健事業も統一しようとしています。2月に、保険料の大幅な値上げになると試算されましたが、2度目の試算も、市町村への意見聴取も未だに行っていません。統一化をやめ、国・府の補助金の大幅な増額を求め、府下でダントツの基金積み立てや黒字の繰越金で保険料の引き下げを求めました。

(さらに…)