議会報告No.208   2020年2月28日

2020年3月羽曳野市議会
くらし・子育て応援の2020年度予算に!
日本共産党議員団の代表質疑と一般質問

羽曳野3月議会は、2月25日(火)から3月27日(金)までの予定です。

党議員団が提出した意見書(案)

  • 診療報酬を抜本的に増額し、安心安全な医療を保障することを求める意見書
  • 新型コロプウイルス関連肺炎について緊急の対応を求める意見書
  • 消費税5%への引き下げを求める意見書
  • 伊方原発の再稼働に反対する意見書
  • 「桜を見る会」の真相解明を求める意見書
  • カジノ誘致に反対し、くらし・福祉、防災対策を求める意見書

 

代表質疑
 2月29日(土) ささい喜世子 市議

 

  1.  市政運営の基本方針について
    1. ①新型コロナウィルス対策について
    2. ②政府の経済対策や施策が市民に与える影響と市民生活の実態について
    3. ③財政運営について
  2. 重点的な施策の「未来」「魅力」に沿ったまちづくりについて
    1. ①「未来」を見据えた子育てと教育について
      1. 幼稚園、保育園の公的役割について
      2. 35人学級について
      3. 中学校の全員給食について
    2. ②「魅力」ある賑わいと佳みよいまちづくりについて
      1. 「歴史遺産のあるまち」としてのとりくみについて
      2. 公共交通について
  3. 「施政方針」をすすめる市長の政治信条について
    1. ①公正で民主的な市政運営について
    2. ②気候変動について
    3. ③ジェンダー平等について
    4. ④国と府に対する姿勢について

(さらに…)

議会報告No.207   2020年1月25日

若林、ひろせ、わたなべ、ささい各市議あなたの声を2020年度予算に
今実現してほしい10の切実な願い!

 
 
 

西部こども未来館(仮称)入札できず、建設計画先延ばし

旧園舎の空き部屋の利用は示されないまま
約9億円の大規模園を建設する..
このままの計画でいいのでしょうか?

(さらに…)

議会報告No.205   2019年12月8日

2019年羽曳野市議会

みなさんの願い実現に全力

 

中学校給食の学習会&CAFE開催される

 

 11月23日(土)午後2時より、リック羽曳野で「中学校給食このままでいいの?学習会&CAFE」が開催されました。
羽曳野市の中学校給食は、選択制民間調理場方式です。事前に口座に入金をしてインターネットで申し込むもので、クラスで数人しか利用していません。
今回の学習会の講師をお願いした、寝屋川市の元栄養教諭の石川友美先生からは、「中学生にとって、なぜ温かくみんなで食べる学校給食が重要か」が話されました。心が大きく揺れ動く中学生だからこそ「みんなで同じものを食べる学校給食」が心の安心につながること、さらに、ダイエットを気にしたり、クラブ活動で身体を動かす時期だからこそ、栄養バランスのとれた学校給食が必要であることが強調されました。
豊かな「食」が心と身体をつくる基礎となるという意味でも、全員で食べる学校給食が必要であることがよくわかるお話でした。
 続いて、笹井市議から羽曳野市の中学校給食の現状と問題点について報告がありました。
会場からも「授業を受けていなくても給食の時間だけは登校してきて、心もおなかも満たされている子どももいた。」「教職員の多忙化が問題になる中、全員給食が安心・安全に実施できるような職員配置も必要」という現場の実態も出されました。
参加者のアンケートには、「羽曳野市で全員給食が早く実現できるようにしたい。」「災害時にも調理場が利用できるよう自校方式が一番。」という声がたくさん寄せられました。

(さらに…)

議会報告No.204   2019年11月24日

羽曳野12月市議会 安心して住み続けられる街に!

 

党議員団が提出した意見書(案)

 

  • 公立・公的病院再編リストの撤回を求める意見書(案)

 

  • 原発マネー還流の徹底解明を求める意見書(案)

 

  • 教員の変形労働制導入撤回を求める意見書(案)

 

  • 大学入学共通テスト制度改革の抜本的な見直しを求める意見書(案)

 

  • 高等教育無償化制度を維持する意見書(案)

 

  • 介護保険の見直しの中止を求める意見書(案)

 

  • 防災・減災、被災者支援の仕組みをこれまでの枠を超えて見直し、改善・拡充を求める意見書(案)

 

 

道路・河川などの安全対策を求め 大阪府富田林事務所と懇談

 

 11月12日(火)午後1時半より、日本共産党市会議員団と市民の方々と日本共産党内海府会議員も同席して頂き、富田林土木事務所と懇談を行いました。
地域から寄せられた19項目の要望を事前に届け、大阪府管轄の道路や河川などの安全対策について、当日は2時間を超えて、担当職員から回答があり、それぞれの要望の実現を求めました。

(さらに…)

議会報告No.203   2019年10月15日

市民の暮らしを支える市政に!

10月からの幼児教育・保育の無償化

子育て世代の負担軽減というけれど..

 

皆さんの声で安心安全な街づくり

→ 議会報告No.203 ビラpdf ファイル

議会報告No.200   2019年9月22日

9月羽曳野市議会一般質問 子育て応援! くらし・福祉充実に全力!

 

市会議員 ひろせ公代

 

  • 高齢者医療・介護の負担軽減について
     羽曳野市の65歳以上で世帯全員が住民税非課税の方は、介護保険の区分でみると、被保険者の約37%にもなります。低所得の方の介護保険料は、10月からの増税を見越して消費税を財源とした公費の投入等で、少し引き下げられましたが、2025年度には1、5倍の保険料になると言われています。後期高齢者医療の保険料は、9割軽減の方4254人が、今年度8割軽減に、来年度は7割軽減にと保険料が3倍になります。国や大阪府に大幅な補助金の増額を求め、市独自の軽減策の充実を求めました。また、要介護認定の方で、心身の状態によって市民税の障害者控除が受けられ、保険料などが下がる場合があります。申請しなくても本人に知らせるなど周知方法の検討を要望しました。
  • 豪雨災害について
     8月19日午後4時から5時の1時間に約65㎜の豪雨で東除川が越水、護岸が約40mにわたり崩落しました。すでに川が溢れていた午後5時5分に大雨警報が出され、市は即座に災害警戒本部を立ち上げたということでした。崩落した護岸は、現在仮復旧され、雨の少ない11月以降に本工事に取り掛かり、来年5月末に完了する予定です。全体の護岸、越水箇所、近鉄鉄橋周辺、橋梁などの安全対策を早急に関係機関と連携して行うことを要望しました。今後ますます想定外の災害が予想される中、一番状況把握をしやすい市が、数秒数分単位での変化をつかみ、市民の命と財産を守る体制づくりや、大規模災害に対応できる避難所の整備を急いですすめることを強く求めました。

(さらに…)

議会報告No.199   2019年9月8日

2019年9月羽曳野市議会   みなさんの願い実現に全力!
日本共産党議員団の一般質問

 

9月9日(月)5番目 ひろせ公代 市議

 

  1.  高齢者医療 介護の負担軽減について
    1. ①実態について
    2. ②軽減策について
  2. 豪雨災害について
    1. ①今回の豪雨災害の経過と被害について
    2. ②避難指示について
    3. ③対策について

(さらに…)

議会報告No.198   2019年9月1日

議会報告No.197   2019年8月2日

2019年6月羽曳野市議会
公共施設の利用料金値上げ

 

10月からの消費税増税を予定しているとして

市民のみなさんが文化・スポーツ、趣味や地域の取り組みなどで利用する公共施設(リックはびきのや市民会館やコミュニティーセンター、市民体育館やテニスコートなど)の利用料を、10月1日から消費税が8%から10%になるとして、改定されます。

–→  議会報告No.197参照

議会報告No.196   2019年6月23日

6月議会一般質問

公約実現へ!くらし・福祉充実に全力

 

ひろせ公代市議

 

◆熱中症対策の強化を

 近年は、災害と言われるほどの猛暑で熱中症による救急搬送が増えています。羽曳野市の昨年度、熱中症での救急搬送は、106人で65歳以上が54人でした。熱中症は防ぐことができます。熱中症計を使っての見守り訪問活動や防災無線やメールの活用、公用車による注意喚起のテープ放送等、対策強化を要望しました。
また、昨年4月からの生活保護受給者には、エアコン設置補助ができました。すべての生活保護受給者が利用出来るようにし、生活困窮者に対しても、エアコンの設置状況と利用実態の把握に努め、エアコン設置や電気代の補助を求めました。

(さらに…)